巨乳漫画・小説・電子書籍

おなかにいっぱい、あやかしの種18話について

巨乳漫画・小説・電子書籍 > おなかにいっぱい、あやかしの種18話

おなかにいっぱい、あやかしの種18話について

おなかにいっぱい、あやかしの種18話



この物語ででてくる「あやかし」というのは空想上の生き物。
そんな空想上の生き物が現実に出現してしまうというのが物語のはじまり。

あやかしは普通の人間には見ることができません。
あやかしを見ることができるのは、生まれつき視ることができるという特異体質の持ち主だけ。

そんな特異体質の持ち主である主人公「あかる」はふとしたことから、自分があやかしを視ることができる特異体質だそ言うことを知ります。
それを教えてくれたのはクラスメイトのリン。

あかるはリンの家へと連れて行かれ、あやかし退治のお手伝いをさせられてしまいます。

あやかしの退治方法は簡単で、あやかしの肉棒を受け入れ、思う存分精液を出させること。

お腹いっぱいになるまで精液を出させ、次々とあやかしの退治を進めていきます。

おなかにいっぱい、あやかしの種18話